尿酸値を下げるための薬は2種類!

たくさんの薬

尿酸値が高いと、痛風になるリスクがグッと上がります。
そのため痛風発作を起こす前に、尿酸値を下げる薬を服薬する必要があるケースがあります。
「将来的に痛風になりそう」と不安がある人もいるのではないでしょうか。
そのような不安を抱えている人は尿酸値を下げる働きを持っている薬や、尿酸そのものの生成を抑える薬といった薬を服用する必要があるかどうか医師と相談してみましょう。

◆尿酸排泄促進薬と尿酸生成抑制薬の違い

ビールに多く含まれているプリン体には、尿酸値を生成する働きを持っています。
通常は尿酸が排泄されていきますが、尿酸値があまりにも高いと人体が通常通りの働きができなくなってしまいます。
そこで尿酸を排泄する働きを手伝うために開発されたのが、尿酸降下薬。
尿酸降下薬には、尿酸生成抑制薬と尿酸排泄促進薬と2種類の薬があり違った働きを持っているのです。

・尿酸排泄促進薬=尿酸値を下げる薬
・尿酸生成抑制薬=尿酸を作る働きを抑える薬

また作用している場所も違います。促進薬は腎臓に働きかけて、尿酸が尿の中に排泄されてる働きを促してくれます。
抑制薬は肝臓に作用して、プリン体が尿酸に分解されるのを抑えてくれる働きを持っているのです。
尿酸値を下げる治療を始める前に、痛風発作が始まってしまったら別の方法で治療が始まります。
痛風の痛みには、非ステロイド性抗炎症薬や白血球遊走阻害薬などを使用して痛みを取り除くことからスタートするのです。
痛風発作の痛みが治まった後に、尿酸値を下げる薬を服用していきましょう。

◆使用上の注意点は?

尿酸値を下げる薬を服用する際には焦らず、医師が決めた通りに、根強く服薬を続けて行く必要があります。
薬を自己判断でやめたり、早く治したいからといって量を増やしたりしてはいけません。
尿酸値を下げる薬は、いきなり多くの成分量を摂取してしまうと反発作用で痛風リスクが上がる可能性があります。
そのため3~6ヵ月の歳月をかけて徐々に尿酸値投下薬の量を増やしていきます。薬物治療でゆっくりと尿酸を減らしていきながら、痛風に対抗していきましょう。