痛風の発作が起こる前には前兆があった!

痛みが強い人

痛風特有の激痛には、前兆があることを知っていますか?
痛風の前兆症状には足のむずむず感や不快感、違和感を覚え始めます。前兆が起こった後に、痛風特有の痛みが走るのです。
ツライ痛みが走る前に、前兆症状をきちんと把握しておきましょう!

◆足のむずむず感には注意して!

痛風には痛みが起こる少し前に、むずむずするような不快感を感じることがあります。
足の違和感は特に親指やつけ根に最も多い現象です。その他にも足首や膝にもむずむず感を生じます。
前兆が治まった後に痛風発作が発現するケースが多く、人によっては、激痛すぎて歩行困難になるという人もいるほどなのです。
足の不快感やむずむず感は、痛風の前兆症状とも言われていて痛風に慣れている人だとすぐに分かるという人もいます。
初めは1~2回程度の頻度、10日前後で軽快するケースもありますが放置しているとだんだんと痛風症状が慢性化していきます。

普段とは違う違和感を覚えて、足に激痛が走ったのであれば痛風の可能性があります。このような経験をしたことがある人は、医療機関へかかりましょう。

◆前兆を感じ取って痛みを防ぐ

「痛風の薬を飲むタイミングが分からない」と、いざ医師に痛風と診断されたとしてもいきなり激痛を感じると厄介ですよね。
そこで、痛風の前兆になるべく気を配っておくのをオススメします。
痛風を患っている人の中には、前兆に慣れてしまい「激痛が来るぞ」と予測できる人もいます。そのため、前もって薬を用意して痛み始めたらすぐに飲むという方法もあるのです。
「痛み始めてから時間がたった後に薬を飲んでも遅い」と言われているほど、痛風の薬を飲むタイミングはとても大切なのです。
完治するのが難しい痛風と上手く付き合っていくためには、前兆を知ることと薬を飲むタイミングはとても大切なのです。