生活習慣の改善で痛風は予防できる

屈んでいる男性
かつて贅沢病とも言われていた痛風ですが、経済の成長に伴い食生活が豊かになったことで発症する人が多くなりました。現在では、60万~70万人の方が痛風に悩んでいると言われています。

痛風患者は20~30代の若い男性が多く、食べ過ぎ、ストレスが多い、酒をたくさん飲むといった生活習慣の乱れが大きく影響しているんです。
痛風は予防できる病気。ある日突然激しい痛みに襲われる前に、生活習慣を改善して痛風予防を行ないましょう。

食生活の改善で尿酸値を下げる
尿酸はプリン体という物質が分解されることで生成されます。プリン体は体内の細胞にも含まれていますが、食品にも含まれている物質です。
プリン体を多く含む食品は、魚や牛肉、穀物など多岐に渡ります。特定の食品に偏った食事ではなく野菜を取り入れたバランスの良い食事を心がけましょう。

激しい運動はプリン体を産む
痛風発作のもととなるプリン体は、次のような方法で作りだされます。
1、食事によって体外から摂取する
2、細胞に含まれており、新陳代謝で古い細胞が分解されることでプリン体が出てくる
3、急激にエネルギーを消費するとプリン体が生み出される

急激にエネルギーを使うだけでもプリン体が生成されることを知らない方は多いのではないでしょうか?
過度な運動やダイエットは、プリン体を生み出し尿酸値をあげる原因になります。痛風にとって激しい運度や急激な食事制限は、逆効果です。

ストレスを発散で痛風防止
ストレスは尿酸値を上昇させる危険因子です。実際にストレスを受けたり、疲れていると尿酸値は高くなります。血管を収縮させ、肝臓の働きを低下させるためです。

またストレスが原因で暴飲暴食に走るケースもあり、痛風を発症するリスクを高めます。人と果たしたり話したり、趣味に見つけたりなど、自分に合った方法でストレスを解消しましょう。