アルコールは尿酸値を上げる原因になる

日本酒

痛風は生活習慣病だということを知っていますか?尿酸値が高くなると痛風を発症しやすくなるため、一生付き合っていかなければならない病気なのです。
放置していると、腎臓や肝臓といった内臓系にも健康被害が及ぶ可能性があります。

痛風の原因にもなると言われているビール。プリン体が非常に多いお酒であり、ビール党の人にとってはツライ現実なのではないでしょうか。
ここではビールとアルコールが、どのようにして痛風に関わりがあるのかを紹介していきます。

ビールを飲まなければOK!というのは間違い

「ビールを控えればいいのでしょう?」と極端な考えを持って、代わりに焼酎やウイスキーばかりを飲むのは危険です。
プリン体を懸念する人が増えてきてからは、ビール会社もプリン体を99パーセントカットした商品を販売し始めています。
しかし、アルコール自体が尿酸値を上げる原因になるため「プリン体はほぼないからOK」という安易な考えは痛風を誘発する原因になり得ます。
尿酸値を上げる作用を持っているアルコールを飲酒するのは、できるだけ控えていきましょう。
「ビールを飲むのを辞める」では解決しないということがあるのを把握しておきましょう。

重要なのはプリン体より飲酒量

ヨーグルトを積極的に摂取したり、コーヒーを頻繁に飲んで尿酸を値下げようとしたりしても急激に尿酸値は下がってくれません。
正しい食生活を送っていても、飲酒量が通常よりも多いと痛風になる可能性は残っています。
最近発表された研究結果では、プリン体の多いビールを避けようとして他のアルコールをたくさん飲酒していると痛風になり得るということが判明しているのです。
尿酸値を上げないための摂取量は日本酒1合、ビールは350ml~500ml、ウイスキーは50mlと規定されています。
1日の摂取量を抑えて、健全な飲酒ライフを過ごしていきましょう。